固体地球物理学ゼミナール(固体ゼミ)

概要

固体ゼミは、広く固体地球科学に関連したさまざまな分野の最近の研究や内外の文献を紹介し、かつ各人の研究発表等を行い、これらについて討論するセミナーです。 原則として毎週木曜の午後1時~2時半(3時限目の時間帯)に、理学部1号館4階462で開催しています。 参加者は主に測地学・地震学・活構造学・熱学・火山学に関連する教員・大学院生・学部4回生です。 修士の学生については授業の単位に割り当てられていて、2年間の前期・後期で合計8単位を取得できます。 また、課題研究T3の一環で学部4回生にも聴講を推奨しているほか、毎年秋に固体ゼミの枠で課題研究T3の中間発表会を行っています。

発表までの流れ

毎年前期の初回に発表者や世話人を決定するほか、さまざまな事務連絡を行います。 固体ゼミに参加を希望される方は、前期初回に必ず参加してください。

発表者

  1. 発表前週の金曜日までに「名前・所属・学年・タイトル・要旨」を世話人Aにメールで送ります。
  2. 発表前に自分のPCとともに462に来て、事前にプロジェクターの接続テストをします。
  3. 発表を行います。専門分野外の人たちも聴講しているので、専門知識を丁寧に説明するように心がけてください。
  4. 聴講者からの質問や意見に応対します。自身の今後の研究に役立ててください。

世話人

  1. メール対応をする「世話人A」と、ゼミ当日の対応をする「世話人B」を予め決めておきます。(前期の世話人はM2の2名に、後期の世話人はM1の2名にお願いしています。)
  2. 世話人Aは発表前週金曜までに発表者からの情報を集め、発表週月曜までにメーリングリストに情報を流します。
  3. 世話人Bは固体ゼミ開催前に462の鍵を開け、プロジェクター・空調・照明等を確かめます。
  4. 世話人Bは固体ゼミ中の司会を担当し、出席や質問の状況を出席簿に記録します。

発表リスト

2017 (H29) 年度・後期

月日 発表者(所属・学年): タイトル
1月11日 清山功太郎(活構造・B4): タイトル未定
12月14日 島津颯斗(活構造・B4): タイトル未定
12月7日 木村育磨(熱学・B4): タイトル未定
11月30日 宮内佑典(測地・B4): タイトル未定
11月9日 藤田萌実(測地・B4): タイトル未定
11月2日 中林祐樹(地震・B4): タイトル未定
10月26日 真鍋直(地震・B4): タイトル未定
10月12日 安藤慧(測地・B4): タイトル未定
10月5日 瀧下恒星(熱学・B4): タイトル未定
 

2017 (H29) 年度・前期

月日 発表者(所属・学年): タイトル
7月27日 横井貴稔(測地・M1): MCMKFを用いた豊後水道における長期的及び短期的スロースリップの同時推定
7月13日 我如古卓矢(地震・M1): データ同化を用いた津波伝播の推定
谷協至(熱学・M1): 阿蘇山の爆発的噴火に先行する長周期パルス(LPP)について
7月6日 大畑祐樹(地震・M1): スラブ内地震を用いたプレートの不均質構造の推定
柳浜万里(地震・M1): 日本列島の地震活動及び誘発地震について
6月29日 黒川俊哉(熱学・M2): 斜面崩壊発生箇所の誘因による地形的観点からの比較~阿蘇山を例に~
笛田凌史(活構造・M2): 花折断層の運動性質とその活動性
Joseph Clancy White (Department of Earth Sciences, University of New Brunswick): Spines, Seismicity and Slickensides: Fault processes during extrusion of Mt. St. Helens lava domes, 2004-06
6月22日 栗原剛志(熱学・M2): 桜島の火山活動に伴う地盤変動と重力値変化
岡崎健人(熱学M2): 溶岩流地形を用いたマグマ噴出時の粘性率の推定
6月8日 石井杏佳(熱学・M2): スラグ上昇・破裂モデルを用いた阿蘇火山ストロンボリ式噴火発生機構の解明
関淳平(地震・M2): スペクトル要素法による地震サイクルシミュレーション手法の開発
6月1日 Francesco Grigoli (ETH-Zurich, Swiss Seismological Service (SED)): Full-waveform methods in seismic monitoring operations
5月11日 長縄和洋(測地・M2): アラスカ南東部における現代氷河の融解による隆起現象について
小川幸輝(熱学・M2): 別府温泉地域におけるCO2flux値の分布
4月27日 平良真純(測地・M2): 桜島の長期重力変動
錦織健人(地震・M2): データ同化を用いたSSE発生域の摩擦パラメータ推定
4月13日 初回ガイダンス
 

2016 (H28) 年度・後期

月日 発表者(所属・学年): タイトル
1月26日 大野遼(活構造・B4): 布田川断層沿いの横ずれ変位地形
星野宏行(測地・M2): 震央付近での地震後海底地殻変動データは地震時すべり分布の推定結果を向上させるか?
1月12日 近藤誠(活構造・B4): 2016年Mw7.1熊本地震の震源断層:布田川地震断層のセン断構造解析
12月22日 我如古卓矢(地震・B4): アンサンブルカルマンフィルタを用いた津波の伝播の解析
12月8日 谷協至(熱学・B4): 阿蘇山の爆発的噴火に伴う長周期パルスの分析
12月1日 大畑祐樹(地震・B4): 深発地震波形とスラブ沈み込み角の関係
11月24日 横井貴稔(測地・B4): 南海トラフにおける固着と豊後水道におけるスロースリップイベントの関係
11月10日 草場理志(地震・B4): 熊本地震におけるb値変動
10月27日 横山智也(測地・B4): アラスカ南東部における重力時間変化について
10月13日 三宅雄紀(地震・B4): 熊本地震において前震後の余効変動が本震をトリガリングした可能性の検証
 

2016 (H28) 年度・前期

月日 発表者(所属・学年): タイトル
7月14日 錦織健人(地震・M1): データ同化を用いたプレート境界面の摩擦パラメータ推定
平良真純(測地・M1): 桜島の長期重力変動
6月30日 黒川俊哉(活構造・M1): 熊本地震による斜面崩壊
長縄和洋(測地・M1): アラスカ南東部における現代氷河の融解による隆起現象について
6月23日 石井杏佳(熱学・M1): 阿蘇火山におけるストロンボリ式噴火の発生深度
関淳平(地震・M1): スペクトル要素法による地震サイクルシミュレーション手法の開発
6月9日 栗原剛志(熱学・M1): 桜島火山の噴火前後における相対重力連続観測:噴火前後の短期的な重力変化
小川幸輝(熱学・M1): 別府扇状地南部における地下温度分布の継時変化、及び同地域におけるCO2fluxの測定
6月2日 尾崎勇吾(地震・M2): 間隙流体圧の時間変化を考慮した準動的地震サイクルシミュレーション 離散セルモデル
岡崎健人(熱学・M1): 地形および化学組成による溶岩流の粘性率の推定
5月12日 笛田凌史(活構造・M2): 花折断層の変位センスについて
日向洋(熱学・M3): LIDAR観測による火山噴出物の散乱特性
4月28日 市村美沙(熱学・M2): 阿蘇火山下浅部における三次元Q値構造推定
4月14日 初回ガイダンス